--.--.--(--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  スポンサー広告  | Top↑
2010.05.04(Tue)

積極恋愛主義者 

ここ数日、何か蒸しますな。
そろそろ冬用の毛布がいらなくなってくる頃でしょうか。
まぁ、梅雨になったら一時的に復活するでしょうけど…


8日目。
あと2人!



名前:フィーユ
性別:女性
年齢:20(時系列によって変動)
一人称:私
外見モデル:ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーン女主人公(ポケスペのブルーに近い)
性格モデル:特になし
CV:堀江由衣(ほりえ ゆい)
出身地:不明
好きな食べ物:苺
嫌いな食べ物:特になし
所持ポケモン:ジュカイン♂、キュウコン♀、サーナイト♀、チルタリス♀、ハピナス♀、ハッサム♂、カイオーガ



『思冒』のヒロイン。
茶色(地毛)の長髪と、人目を引く抜群なスタイルを持ち、憧れる人は多い。
特にグランの妹のシルフィはよく「うらやましい…」と言っている。
性格は素直で優しく、料理も得意でプロ並み。特にお菓子作りの腕が抜群。
前述の通りスタイルはいい為、カジュアルだろうが正装だろうがコスプレだろうが難なく着こなす。

かつて住んでいた街では、ウェルと顔見知り。
当時フィーユはウェルに好意を抱いていたが、フィーユが引越す際にウェルに別れを告げられてから一時的に人間不信に陥ってしまう。
この人間不信は約3年続くが、グランとの出会いで変化が起き始める。
15歳当時、まだ駆け出しのトレーナーであったグランにポケモンバトルで敗れたが、その戦いのさなか、忘れていた「楽しむ」という感情を思い出す。
それは、当時自身の実力を過信していたフィーユにとっては大きな意味を持つ物であり、それを教えてくれたグランに好意を抱くようになる。
それまでは性格に棘があったが、これによって本来の優しい性格に戻っていった。
しかし、旅が終わってしばらくした時、ポケモン研究家である父親の研究を手伝う為、ナナシマへ引越してしまう。
その時はグランに何も告げず、手紙だけ残して去ったが、2年後まではフィーユから連絡をする事はまずなかった。
理由は「自分が一回り成長したと思えるまで会わない」と決めていた為である。

2年後、17歳になったフィーユは「トレーナーハンター」からの襲撃を受け、それによって駆けつけたグランと再会。
ポケモンリーグの開催を知り、グラン達と共に出場する事になる。
しかしその大会のさなか、過去に同じ街に住んでいたウェルと再会、それによってグランとの関係が険悪な物になってしまう。
だがそのウェルはトレーナーハンターが変装していた偽者であり、再び襲撃を受けたい会の準決勝は不戦敗に追い込まれてしまう。
ちなみに、現在は本物のウェルとは友人として友好的な関係。
大会終了後は完全にグラン一筋だが、グロードとウェルのお節介なちょっかいには呆れている。

まだフィーユが小さい頃(4歳頃)、母親を殺されたという過去を持つ。
その為、父親が男手一つでフィーユを育て上げている。
母親もまた美人であり、フィーユ自身も全体的に母親似。
イタズラ好きでもあり、それもまた母親譲り。
同じ女性としては、自身の母親とグランの姉であるリナを尊敬しているが、人間として一番尊敬しているのは、自身をここまで育ててくれた父親。
家族というものに強い思いがあり、加えて本人は一人っ子である為、姉妹がいるグランを羨ましく思っている。
また、その為にシルフィを妹のように可愛がっており、シルフィ本人もフィーユに対しては好意的。
かつては病弱であり、さらには「22歳までは生きられない」だろうと余命宣告を受けており、いつ命に関わる発作が起こってもおかしくない状態であったが、グラン達との旅には無理を承知で付いていった。
さらに、当時は死ぬ事に恐れを抱いておらず生きるという事に半分絶望し、逃れようのない運命だと思っていたがグランとの出会いで「まだ生きていたい」と思うようになる。。
そしてフィーユが18歳になる前にそれが起こり、生死の境を彷徨うも、奇跡的に一命を取りとめ、また不思議な力によってその病自体が完治した。
20歳になると、5年の付き合いを経たグランと遂に結婚。
新婚生活を満喫しているらしい。

服装は、旅をしていた時期はミニスカートを好んでいたが、現在は清潔感のある落ち着いた服装を好んでいる。
また性格にも落ち着きが表れ、基本的なノリは変わらないものの若干穏やかな雰囲気である。
以前はちょっとした事でも口を出していたが、落ち着きが出た事で「些細な事に目くじらばかり立てていてはいけない」と考えるようになった。
身体能力は平均的であるが、グランから蹴りの才能を見出され、身を守る為の手段として蹴り技を教わっている。
しかし本人は積極的には使おうとはしない。
積極恋愛主義者であり、グランへのアプローチも積極的。
また、シルフィと同じくグランに対してのみMであり、同様に「殺される以外なら何をされてもいい」と思っているが、シルフィのようにかなり危ない妄想をする事はない。




「シルフィが甘えすぎてて困る? いいじゃない、可愛くて」
「彼と出会えたのは、やっぱり運命だったんだって…そう、思ってる……」
「でも、それでも……私は、グランを愛してる!!」






はい、遂に8日目です。
ようやく登場のヒロインさんです。お待たせしました((

何か、いつもこう書いてる気がするんだけど、イメージキャストちょっと悩みました。
候補は堀江由衣さんと田中理恵さんだっていうのは変わってなかったんですが…
紹介書く時は、候補両方書くのもアレだと思ってるんで、一本化してるのです。
それで、どっちにしようか悩んでて;;
結局、ちょっと可愛らしさのある声という事で堀江さんになりました。
理恵さんのも結構いいんだけど…ちょっとヒロインさんにしては大人すぎるかなぁ…と。
なので、こんな形になりました。


さて、次でいよいよ最後です。
トリを飾るのは、もちろん主人公。
コイツはもう、この人だ! とイメージキャストは定まってます。
EDIT  |  OTHER  | CM(0) | Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。